おはようございます。
 20日NY株。ダウは26.99ドル安の1万8285.40ドル、ナスダックは1.71ポイント高の5071.74ポイントとまちまちの動きでした。NYSE出来高はの6億9164万株と低調の7億位株割れです。
 注目の4月のFOMC議事要旨で、メンバーの多くが6月の利上げに慎重だったことが判明しました。まず無いと思われている6月利上げに戻る危険性が薄くなった為、ダウは一時、37ドル高まで上昇しましたが、さすがに4連騰の後ですので利益確定に押されました。

 日本株。今日からこちらは日銀政策決定会合です。今回は既に黒田総裁が、追加緩和のタイミングではない事を言明していますので、材料性は乏しいですね。
 しかし、為替は120円を頭に上値の重い感じでしたが、ここで一気の121円台で、あたかも、米利上げと日本追加緩和があるかのようですね。
 昨日のGDPの数字もサプライズでしたね。相場が上がる時はこういうものです。セル・イン・メイで5月は低調と皆が予想していましたが、ここで高値を取るとはね。でもセル・イン・メイの意味は「5月は売り場」と言う意味で、決して安くなると言う意味ではないんです。どちらかと言えば5月は高くなるので売り場ですよという事です。そして11月に買い戻しましょうと言う意味なのです。注意しましょう。「セル・イン・メイ」

 本日の予想レンジ 20200円―20300円。

 最近忙しい中で、数社の社長さんに会いました。有望な感じのものもあります。おいおいご紹介します。