おはようございます。
 米国4-6月期GDP速報値年率4.0%はサプライズでした。予想を1ポイントも超えていたからです。午後発表のFOMCの結果も予想通りですが、ハト派感で株式市場にとっては好印象でした。にもかかわらず株価はまちまちとなりました。大きく反応したのはドルでした。一気に103円台まで高騰しました。この違いはなぜでしょう?答えはPERです。米株の予想PERは約17倍、これを打ち破るほどの材料ではなかったという事です。ドルはPERがありませんからGDPの数字をそのまま反映したという事です。
 さて日本株PER15倍台。何倍まで日本の投資家は許すのか?まったくの私の想像ですが、ドル105円で16倍、103円50銭で15.5倍と見ます。1037円55銭が昨日の日経平均EPS、15.5倍して16082円、本日102円台後半ですので103円につっかけたら15800円も。本日のレンジ15700円-15800円を予想。ただし、本日プラスなら5連騰です。目先若干の警戒も。
スポンサーサイト