2015.06.12 安心感?
おはようございます。
 11日のNY株。
ダウは38.97ドル高の1万8039.37ドル、ナスダックは5.82ポイント高の5082.51ポイント。NYSE出来高は7億8469万株。
 注目の5月小売売上高は、前月比1.2%増と、市場予想を上回りました。この辺が難しいところですが、今回はギリシャ問題の進展期待もありましたが、強い経済指標を高評価して、ダウは一時109ドル高までありました。これまで良好な経済指標が出ると、早期利上げ観測で、株は売られましたが、その傾向は変わったのでしょうか?まだ、結論は出せません。

日本株。
 今日で、心配していた波乱のメジャーSQの週が終わります。まだ来週のFOMCがありますので、気は抜けませんが、昨日2時以降の売りが出ず、それを期待した売り方の買い戻しで、予想以上の高値引けとなった事を見ると、2万円割れは無いと言う安心感で、落ち着いた相場に戻ると思われます。
 引き続き個別株で対応して行けば良いと思います。
 
 相場を考える時、ご自身の懐具合から見ると当たる確率は高いと思います。つまり、ご自身が「買ってしまった」と思ったら警戒し(大体相場は下がります)、「買いたいけど買えない」「いつの間にかキャッシュが増えている」と言う時には相場は上がって行くものです。ちょっと自虐的な相場観測術ですが、あなたが相場観測において、普通の能力を持っている方でしたら、これはよく当たりますよ。今の懐具合はいかがですか?

 本日の日経平均予想レンジ 20300円―20450円。

スポンサーサイト