おはようございます。
 雇用統計のイベントは無事通過しましたが、NYダウは69ドル93セント安で4連続安となりました。この「連続」は時として上下の方向に重要なシグナルとなる場合があります。調整局面に入るかどうか?5連続安となったら売りが増える可能性がありますから注意しましょう。とにかく高値警戒観があるようです。大きな理由はPERでしょう。平均16.5倍は今のアメリカでは低いとは言えません。
 日本は15倍。低いと感じますか?高いと感じますか?ちなみに欧州の独り勝ちドイツは13.5倍です。
・・・森を見ていると上は買えませんね。はい、いつものように、元気な木を探しましょう。最近メディアで発表している「平野の銘柄」は3237イントランス、1429日本アクア、2362夢真HD,5933アルインコです。
 来週のイベントは7日(火)ECB理事会・ドラギ総裁の会見です。デフレ懸念が再燃した欧州をドラギ総裁はどう落ち着かせるか?日本では日銀政策決定会合ですが、何も出ないでしょうね。トヨタの決算があります。マーケットの強弱を判断できると思います。
スポンサーサイト