おはようございます。
22日のNY株。
 ダウは103.83ドル高の18119.78ドル、ナスダックは36.97ポイント高の5153.97ポイント。
昨日既に日本でも材料になっていた、ギリシャの新たな財政改革案を材料に、買いが先行しました。5月中古住宅販売件数が2009年11月以来の高水準となった事も好感されました。材料に対して順張りの反応と、ナスダックも史上最高値を更新した事で、アメリカ株は業績相場に入ったと言って良いでしょう。

日本株。
 昨日の日経平均予想EPSは、1256円35銭で過去最高を更新しました。需給関係も良好のままです。
下げる理由が見当たりません。しかし、プットコールレシオ等マーケットセンチメントを表す指標は低いままです。株価が騰がると強気が増えるマーケットの習性とは逆行しているのが、今回の相場の特徴です。
 このブログを見ている皆さまでも、「20500円を買いますか?」と聞いたら、買うと答える方より、売るまたは見送ると答える方が多いと思います。
 その消極的な心理状態の中でも、買わなければいけないのではないかと感じた場合、皆様の取るべき行動は、割安個別株(日経平均は買えないけど、この銘柄は買える)に行く事は理の当然です。
 幸い、怖々買っていた個別株に、骨太なテーマ株の循環性が見えて来ました。これで行きましょう。昔の「平成バブル」を毎日曜日書いているのは、今、「異次元バブル」が始まろうとしているのですよと言う筆者の思いです。どうなるか分かりませんが、行ってみましょう。

 本日の日経平均予想レンジ 20350円―20600円。


スポンサーサイト