おはようございます。
 週明け29日のNY株。
ダウは350.33ドル安の1万7596.35ドルと約5カ月ぶりの安値となりました。下げ幅は、2013年6月20日以来の大幅なものとなりました。ナスダックも122.04ポイント安の4958.47ポイント。NYSE出来高は8億7425万株。
 ギリシャ危機は既に日本が3%近い下げを演じて、その後開かれた欧州市場もドイツ、フランスが3%後半、イタリアは5%を超す下げで、これを受けてNYも全面安で始まりました。取引時間中に、ギリシャ当局者が期限を迎えるIMF融資の返済に応じないと表明したことで、更に一段安となりました。
 7月5日の国民投票でユーロ圏離脱が現実となる可能性もあり、先が見えない状態です。アメリカとしては、今週末には雇用統計を控えて、もし堅調な内容であれば、利上げ懸念も重なるという事で、かなりナーバスになっています。
 しかし、それでも欧州に対して半分ほどの下げ率で、世界を一回りしたこの材料は、7月5日までひとまず小康状態となると思います。

 それにしても、アメリカの経済はしっかりしてきました。中古住宅販売件数が5カ月連続上昇の112.6で、2006年12月以来の高水準を記録しました。住宅市場が本格的に動き出した感じです。

 日本株。
 昨日の日経平均は、2.88%の下げで、25日移動平均線とのかい離は、マイナス1.55%となりました。これ以上は離れて欲しくないところです。
 国内の好環境で支えられると思っています。落ち着いて見れば、世界で1番安定している日本の市場環境を、見直すことになると思います。
 昨日の日経新聞電子版で、ギリシャで下げたら、アイ・ライク・ジャパンだと海外投資家が言っていると、豊島逸夫氏が書いています。
 まずは、ギリシャ問題は逆張り材料として、今までこの相場について行けず買えなかった投資家は、第1段の買いを入れるところではないでしょうか。

 本日の日経平均予想レンジ 2万円―2万200円。