おはようございます。
 昨日の茨城県筑西市玉戸のダイヤモンドホールで行われた、水戸証券下館支店主催の講演会には、たくさんの方に来て頂きました。感謝です。
 栃木県小山市からすぐの所なので、土地勘のない私としては、筑西市が栃木県だと思っていたので、地元の方に失礼があってはならないと注意していましたが、とても温かい感じのお客様ばかりで、気持ちよく話が出来ました。栃木県の方も多くいらっしゃっていたようです。気づいたのですが、若い女性が多かったです。どういうわけか皆美人でした。(本当です)
 受付等の会場要員で休日出勤した水戸証券の今年入社の若い営業マン(女性営業員も)も、しっかりした良い子たちでした。証券界の明日を担ってほしいものです。

 ギリシャ問題の解説では、経済規模で言えば、茨城県と栃木県の2県で世界を振り回しているんですよと申し上げました。ですから、経済問題としてのユーロ圏離脱後の、EU離脱―EC離脱―IS進出と言う地政学的リスクの可能性を踏まえたギリシャ問題ですと言う筆者の持論をちょっとだけ述べさせていただきました。
 異次元バブルの話をしました。今度の相場の目標は、超長期ですが6万3000円と申し上げました。これにはびっくりしたようですが、自分とは関係ないと言う顔をしているご年配の方には、「大丈夫です。超長期と言っても、あなたがご健在の内には来ると思います」と申し上げました。(笑)
 中語株は、世界2位の時価総額を誇る巨大市場ですが、MSCIの世界標準に含まれていない特殊な市場ですから、日本の投資家は神経質になりすぎですと申し上げました。
 銘柄の紹介は、まだ講演会の予定が残っていますので申し上げられません。

 ギリシャ救済はもめているようですね。明日の日本株が買い気配から始まるかまだ分からない感じですね。

スポンサーサイト