2015.07.17 倍返し?
おはようございます。
 16日のNY株。
 ダウは70.08ドル高の1万8120.25ドル、ナスダックは64.24ポイント高の5163.18ポイント。ナスダックは6月23日の史上最高値5160ポイントを更新しました。NYSE出来高は7億4282万株。
 ギリシャ債務問題は、同国議会が財政改革関連法案を可決出来た為、欧州株軒並み高(但し上げ幅は1%未満)となりました。
 これを受けてNY株も堅調に始まりました。後は、企業の4~6月期決算次第となりますが、シティグループやイーベイの決算は、いずれも市場予想を上回りました。予想が低かった為、不調と言われる決算材料は、マーケットにはフレンドリーに作用しています。
 ナスダックに比べダウの上げ率が低かったのは、ダウ構成銘柄のゴールドマン・サックスが、訴訟関連費用の計上で、純利益が市場予想を大きく下回った事で売られ、ダウの上値を抑えた為です。

 日本株。
 値頃警戒感が多い中、7月9日の1万9110円に突っ込んだ要因ともなっていた、2万500円の関門を突破し、6月26日の窓うめの2万650円まで見えて来ました。当然次は6月24日の高値2万952円です。さてそうなるとどうなるかと言うと、次の高値の計算です。
 2万952円から1万9110円まで1842円も下げたのですから、倍返しの2万2800円はいかがですか?

日本を信じ今こそ、バイ・アンド・ホ-ルドで。

 昨日IPOしたアイリッジの小田社長のインタビューを番組でしました。
O2O、オンラインとオフラインを結ぶビジネスを展開しています。更に伸びるでしょう。

 ただ、今後オフライン(実店舗)の優秀な店員は減り続けるはずです。
オンライン(コンピューター)の中にカリスマ店員を存在させる「マーケティング・オートメーション」に力を入れ始めた 、
 2352エイジア の将来性を感じました。

 本日の日経平均予想レンジ 20550円―20750円。

スポンサーサイト