おはようございます。
 昨日の高崎の講演会は盛況でした。暑い中ご来場のお客様と、野原支店長はじめ水戸証券の皆様には大変お世話になりました。感謝です。
 高崎経済大学出身の筆者としては、楽しい講演会になりました。
 講演会が終わってから、お客様の何人かとお話ししましたが、年配の方でも、日経CNBCの私の番組を見て頂いているとの事で、CS放送ですが、意外に広く行き渡っているのだと驚きました。

 帰りに、友人に招待されていた、隅田川花火大会に行きました。浅草のアサヒビールのあの有名な黄色の泡のビルのレストランで食事をし、その後、ビルの敷地内で花火を見た為、かなり優雅な花火見物となりました。
講演会と花火大会、好きな事とは言え、朝6時前からスタートし、暑い中歩き回ったせいか、若干疲れました。本日は、ゆっくり休んでから、このブログを書いていますので、いつもより遅い時間になりました。

 今回の相場の行きつく先は、異次元バブルで日経平均6万円だと言う持論を申し上げました。但し、1980年代の平成バブルよりずっと時間がかかる事も申し上げましたが、前々週の下館支店の講演会では、自分には関係ないと言うような顔をしているご年配の方を見受けましたので、「大丈夫ですよ。長いと言っても、ご来場のご年配の皆さんのご健在の内にはバブルは来ます」と、笑いを付け加えましたが、高崎では特にその付け加えをする必要が無い感じでした。絹取引で、昔から何が起きるか分からない相場の常に、慣れているのでしょうか。
 バブルがすぐ来るとは思っていません。まだ、日本経済はデフレさえ脱却していませんので。それだけに、株式相場は弱気になる事は無いと考えています。すべてはこれからです。