おはようございます。
 30日のNY。
 ダウは5.41ドル安の1万7745.98ドル、ナスダックは17.05ポイント高の5128.78ポイント。NYSE出来高は7億9494万株。
 注目の4~6月期実質GDP速報値は、季節調整済み年率換算で前期比2.3%増と、市場予想の2.6%増は下回りましたが、堅調な内容で、一部の投資家に、9月利上げの可能性が意識され、売り先行で始まりました。しかし、次第に買いが入り、ダウはプラスまで届きませんでしたが、半導体関連中心にハイテク株に買いが入った為、ナスダックはプラスとなりました。
 個別銘柄では、業績に対して、厳しく明暗を分ける対応をしています。

 日本株。
 株価を含めて中国情勢は不透明ですが、欧米株が落ち着き、為替も124円台に入って来たことから、日経平均も、良い形で戻りを試す展開になって来ました。
 本日400銘柄以上が決算発表(今日の日経CNBCはチョー忙しい)で、このシーズンのピークを迎えます。シーズンスタートは意外に良い決算で、日経平均EPSも中国株ショックで大きく下げた7月9日前後に1266円の史上最高値を記録しましたが、その後は伸びが無く、昨日現在1254円45銭と若干低下しています。この辺も、今一つ全体の動きに迫力が無い理由です。
 しかし、その為、売り方の攻勢が止まず、空売り比率も連日34%台になっています。先物で仕掛け的な買いが見られない為、裁定買い残は2兆7千億円台(直近2兆6千億円台かも)と低下しています。これからは、踏み上げ相場と言う、売り方が作る上昇相場になるかも知れません。その可能性の大きい事は売り方が1番良く知っていると思うのですが。

 本日月末、微妙なところに戻っていますので、大きな手は動かず、ドレッシングも無いと思われます。

 本日の日経平均予想レンジ 20500円―20650円。