2015.08.03 3日新甫。
おはようございます。
 新甫(しんぽ)とは、商品先物取引の相場用語で、月の初めの立会またはその限月ものの事を言います。株式市場では、前者の意味で「月最初の立会日」を指すのが一般的です。普通、月の最初の立会日は1日(ついたち)ですが、曜日の並びで1日が土日にかかると、最初の立会日が2日や3日になる事があります。それを2日新甫とか3日新甫とか言います。
 昔からある相場格言で「2日新甫は荒れる」と言われます。「甫」とは「穂」の事で、作物の取引を指しますので、本来株式には関係ありません。
 統計を見ても、その月だけが特別荒れると言うデータはありません。
 しかし、相場は「気」に左右されます。投資家の心の底に「2日新甫は荒れる」と言う「気持ち」があると、何かのきっかけで荒れる方向に「一気」に傾くかも知れません。まして今月は「3日新甫」。2日より3日の方が余計に荒れると言う感じを持つ投資家もいらっしゃるかもしれませんね。

 また、8月は相場が大きく変わるとも言われます。統計学的には何の根拠もありませんが、筆者も8月に対してそんなイメージがあります。
 とにかく、なんとなく不安で、なんとなく期待する8月立会が今日から始まります。

 本日の日経平均予想レンジ 20500円―20650円。

スポンサーサイト