おはようございます。
 欧州は金曜日の米国株の動きを受けて1日遅れの反発。米国はダウもみあいですが、ナスダックは30ポイント高で前日の36ポイント高から続伸。ただしウクライナ、イラク情勢には気が抜けない状態継続。
 日本ですが、昨日の大幅反発で75日、200日移動平均を下回ったのは1日で解消、やれやれです。逆張りと申しあげてきましたが、マイナスの極からプラスの極まで一直線に動いたら逆張り派は大きな利益を得ることができますが、ゾーン内の中途半端なところで停滞するのが現実の相場。こういう時は個別株がもっとも動きやすい環境。日経新聞をさっと眺めても動きそうな材料がたくさんです。今日からお盆に入り閑散相場真っ最中ですが、閑散に売りなし、個別で見たら結構面白い相場です。楽しんでください。