おはようございます。
 24日のNY株は3営業日続落です。ダウは78.57ドル安の1万6201.32ドル、ナスダックは18.26ポイント安の4734.48ポイント。NYSE出来高は10億3121万株。
 昨日は平穏だった欧州株が、VWに続きBMWのディーゼル車からも基準値を上回る有害物質が検出されたと報じられ、軒並み安だった為、NYも売り先行で始まりました。また、キャタピラーが、業績見通しを下方修正して1万人の人員削減を発表(6.3%安)した事も相まって、ダウは一時、260ドル超下落する場面もありました。しかし、引け後、イエレン議長の講演もあり、プラスにはなりませんでしたが、中盤以降は徐々に下げ幅を縮小しました。

  日本株。
本日の環境は、NY大幅安で夜間119ドル台前半まで行った円ドルは120円に戻っています。原油弱含みですが45ドルを保っています。17200円台まで売られたCMEドル建て(権利付)日経平均先物も17515円です。
 やれやれの戻しですが、下値不安は続きます。一番底を入れ、2番底を作って(アルファベットのNの形)初めて底入れと言えますが、今は、9月8日の17415円61銭が1番底と言えないほどの弱さを呈しています。これも相場です。落ち着くまでゆっくりしましょう。
 本日配当権利付最終日です。かなりのバーゲンセールで、ゼロ金利の日本とは思えない配当利回りが続出しています。配当取っても株価が下がれば意味ないと言うかも知れませんが、日経平均(全体)はまだ底は見えませんが、個別株では、もうこれ以上下がらないと思われる銘柄がたくさんあります。何時の世でも金持ちは儲かります。ここで買える余裕のある方は金持ちと言えます。そうでない方はそれなり。相場は明日もあります。頑張りましょう。

 本日の予想レンジ 17400円―17600円。