おはようございます。
 29日のNY株。ダウは46.24ドル高の1万6049.13ドルと小反発しましたが、ナスダックは、26.65ポイント安の4517.32ポイントと6営業日続落。NYSE出来高は10億1563万株。 ダウにはバイオ関連中心に買い戻しが入りました。9月消費者信頼感指数が予想より良かった事もあり、一時、110ドル高となりましたが、上値は重い展開でした。アジア・欧州の下げ、ADP全米雇用報告、ISM製造業景況指数、雇用統計と週末の指標発表を控えて、様子見姿勢は致し方ないところです。

 日本株。それにしてもひどい下げです。中国景気減速顕在化に加え、サウジアラビアの700億ドル(8兆円)の株売り報道が加わって、投げ売りです。特に、最近一部の機関投資家(国内も)がスマートベータ投資とか言って、小売り株を割高にしていたり、手軽にETFのトレードを活発にしていたりして、それらのロスカットが指数の下げに拍車をかけているようです。関係の無い個別株がそれほど下げていない事にそれが表れています。
 しかし、理由はともあれ、下げている原因は、売買占有率80%の外国人売りです。8割のシェアを持つガリバーがいる業界なんてそうありません。9月の〆を待つまでもなく、外国人は、6、7、8、9月と4か月連続の売り越しです。その前の4か月を買い越して今年の高値(相場は何があるか分かりません。これが今年の高値と言いきれませんが)を付けました。絵に描いた様な外国人相場です。4か月連続の売り越しの原因は、中国不安と米利上げによるワールドマネーの縮小不安です。つまりカネ余り状態が無くなると言う不安です。サウジアラビアが株を売るという事は、その分資金を引き揚げる事です。中国の有名なファンドも売って居るかもしれませんね。
 しかし、それが報道されたり、顕在化したりするときは、大体終わっている時です。上海株価も3000ドルを維持しています。外国人投資家が4カ月連続売り越したという事は、これから4か月連続買い越して来るかもしれません。日経平均のPERは13.37倍です。EPS1266円33銭は過去最高水準です。総合かい離(25、75、200日移動平均かい離率の合計)が昨日再びマイナス30%を越えました。前回越えたのが9月8日で、翌日日経平均は1343円高でした。

 本日の日経平均予想レンジ 17100円―17400円。

スポンサーサイト