2015.10.31 来週の相場。
おはようございます。
 週末30日のNY株。
 ダウは92.26ドル安の1万7663.54ドル、ナスダックは20.52ポイント安の5053.75ポイント。NYSE出来高は11億4088万株と利益確定売りをこなしてそれなりに活況。 シカゴ景況感指数は、市場予想を上回り、景況の目安とされる50を回復しました。買い先行で推移しましたが、ダウは3カ月ぶりの高値という事もあり、利益確定売りに押され始め、マイナス圏に入った後、終盤にかけて下げ幅を拡大しました。

 日本株。
 昨日は、日銀政策決定会合が、予想通りサプライズなしでしたが、株は予想に反して上がりました。為替も、一瞬円高に振れましたが、後は円安になったりして意外感のある動きになりました。
 日本取引所グループ(8697)の決算会見で、清田CEOが、「市場はリスクオフからリスクオンに変わりつつある」と指摘しました。取引所が株高のお墨付きを出したようなもので、売り方から「日銀政策決定会合何も無しでも下がらない相場、下がる理由はあと何だ」と言う嘆きが聞こえて来そうです。
 日銀展望リポートで、15年度と16年度の、実質GDPと消費者物価指数が、7月時点の見通しより下方修正されました。特に消費者物価は16年度1.9%から1.4%への下方修正です。黒田総裁は会見で、16年度後半の2%達成目標と、時期を後ずれさせましたが、物価の基調は変っていないと言明しています。賃金も史上空前の企業収益と人手不足で確実に上昇していくと見ています。労働市場がタイトな割には、上がっていないと言われるが、有効求人倍率1.24では、今後上げ足を速めると見ているようです。とにかく異次元緩和が続く中で、状況は徐々に良くなっています。
 
 さて来週は、11月4日(水)の郵政3社の上場で話題いっぱいでしょう。この相場に乗れなかった機関投資家が持たざるリスクのストレスを日本郵政にぶつけて来るかもしれません。木曜日トヨタの決算で、週末はアメリカ雇用統計です。年内利上げ観測が浮上しているアメリカでは、雇用統計は最大の注目材料です。
 なかなかすっきり抜けない75日(19093円)、200日(19210円)移動平均線ですが、来週は、この攻防戦に勝って、年末日経平均2万円相場が見えるのか、またまた正念場ですが、日米ともに市場のボリュームが増えて来たので、十分期待が持てます。

 来週の日経平均予想レンジ 18750円―19300円。

スポンサーサイト