おはようございます。
 NY株は大幅反発しましたが、理由は「ウクライナ情勢懸念和らぐ」。いつものパターンです。
イエレン議長のジャクソンフォール講演に注目が集まっていますが、議会証言から間がない今、マーケット的サプライズは無いと思います。
 日本株は6連騰となりました。相場の波の中で「連続」には意味があると思っています。5月の6連騰から始まった上昇相場、今回は2段上げのスタートかそれともひとまず終了のシグナルか。
 すぐに結論を出す必要はありません。CMEが15400円台で帰ってきていますので、今日7連騰になるかも知れません。そしてもう一つのシグナル、25日移動平均との関係を冷静に見守りましょう。本日の引け値が25日移動平均(昨日15337円、本日推定15341円)を上回るのか?引け値が25日移動平均線を上回り、プラス1%のかい離をしたら、すなおにマーケットの指示に従えば良いだけです。引き続き内需系中小型株循環物色。
スポンサーサイト