おはようございます。
 週明け16日のNY株。
 ダウは237.77ドル高の1万7483.01ドル、ナスダックは56.74ポイント高の4984.62ポイント。NYSE出来高は8億6591万株。
 日本の投資家が注目していた、パリCAC40株価指数は3.64ポイント(0.08%)安と、同時テロを受けてもほとんど変わらず、ロンドンFTSE100などは28.1ポイント(0.46%)と予想外の結果でした。これを受けて、米市場でも投資家の不安心理が和らぎ、大きく上げました。前週ダウは、665ドル超も下落していましたので買戻しも入ったようです。逆に、原油が地政学的リスクから買われる事となり、皮肉な事に好材料となりました。
ただ、テロ不安から航空関連や旅行関連銘柄が売られ、前週の小売売上高低調と相まって、個人消費への不安感が一部に出ています。
 
 日本株。
 日経平均は、昨日の引け値19393円は、8日前の19116円からそれほど上がっていると言うわけではありませんが、この8日間の日足がすべて陽線(寄り付きより引け値が高い)になっている事に気づいている方は多いと思います。もし個別銘柄でこのような時我々は、「仕手筋の買占め」「ファンドによる玉の吸い上げ」と判断します。日経平均を誰が買い占めているのでしょうか。ゴールドマンマンサックスの先物手口が注目されていますが、8連続陽線現象を理解するには、超大型ファンドが動き出したとしか考えられません。

 本日の日経平均予想レンジ 19550円―19800円。面白くなってきました。

 昨日、7771日本精密のスモールミーティングがありました。私の他に4名のアナリストが参加しましたが、3時半から4時半の予定でしたが、参加者の熱意が熱く、終わったのは何と5時半でした。終わってから近くのおでん屋で、岡林社長の、決算説明会では聞けない「心」を聞きました。前から手のひらに乗るものなら何でも作ると言っていましたが、「手のひらの上のロマン」「物つくりの意地」を聞きました。また、試作品を作って大企業に持って行ったら、その時の日本精密が赤字会社と言う物つくりに関係ない理由で採用されなかった、下町ロケットのような話もうかがいました。その他詳しい事は明日以降機会を見つけて報告します。とにかく、この会社の成長を見届けようと言う気を、更に強くしました。