おはようございます。
 早いもので、11月も終わり明日から師走です。しかも、今週は大変重要な1週間になりそうです。師走相場を決める重要なイベントが控えているからです。今年の投資成果に大きく影響しそうな1週間です。
 既にご存じの通り1つは、3日(木)のECBの定例理事会で、ドラギ総裁が追加緩和を強行するかです。そして、週末4日の11月の雇用統計に向けての米経済指標の数字にも注目が集まるところです。重要なのは数字もさることながら、株価の反応です。どこまで織り込んでいるか、開けて見なければ分からない部分が多々あります。
 強弱のマーケット指標を見ても、日経平均予想EPSは,一時の低下から復活し11月25日には1269.84円と史上最高になっていますが、裁定買い残は3兆5654億円(11/20現在)と1カ月で1兆円も積み上がっています。
 中国株の不安定さ復活も嫌なところです。その中国PMIが明日出ます。今日は日本の方で10月の鉱工業生産速報値が出ます。日銀黒田総裁の講演会と会見が名古屋であります。

 本日の日経平均予想レンジ 1万9750円―2万円。

スポンサーサイト