おはようございます。
 明日は売り先行でスタートすると思われる日本株、日経レバを売りから入ってトレードして儲けようと思っている方も多いと思います。最近は圧倒的な出来高で、市場トレードの中心になった日経レバETFは、その使いやすさで人気を集めています。しかし、商品としての欠陥もあります。ニッセイ基礎研究所がレポートを出しましたので、それを参考にご説明します。
 これほど人気となった日経レバの基本的な仕組みは極めてシンプルで、運用会社は日々の取引終了時点で投信残高(純資産額)の2倍に相当する日経平均先物の買いポジションを保有するようにします。例えば純資産が100億円なら想定元本が約200億円となるように先物の保有枚数を調整し、翌営業日の値動きが日経平均の約2倍となるようにしています。しかし、実際は長期で見ると2倍の値上がりはしていません。なぜか?
 純資産100億円で200億円相当の先物を買い持ちしている時、10%値上がりすると先物も10%値上がりして20億円の利益が出て純資産が120億円になります。このとき先物は220億円分を保有していますが、翌日も「2倍の騰落率」を維持するためには20億円分の先物を買い増しして240億円にする必要があります。反対に10%値下がりすると先物で20億円の損失が出ますので、純資産は80億円になり、先物は180億円保有しているので、純資産80億円の2倍の160億円にするため20億円分を売却しなければなりません。
 つまり、レバレッジ型ETFは「上がったら買い、下がったら売る」という順ばり戦略を自動的に繰り返している事になります。順ばり戦略は株価が一本調子に動くときは有効ですが、現実の株価は上下動を繰り返しながら推移します。そのためこの投資行動は結果的に「下手な売買」になりがちです。
 ちょっと言い過ぎですが、この商品は、投資家のニーズに答えようとする為、下手な売買を繰り返しながら、少しずつ純資産を減らしている商品という事が出来ます。しかし、超短期の投機性商品だということを理解したうえで上手に利用すれば非常に便利なツールです。筆者は、資産をヘッジするという事に慣れない普通の投資家が、この商品を売る事によって簡単にヘッジファンドの様な運用レベルになる魔法の商品と思って、空売りを勧めています。
くれぐれも「NISA口座で5年間持ち続け」という使い方はおやめください。
明日から1570日経レバを売りたくなった?相場観とは別ですから、そちらもくれぐれもです。

スポンサーサイト