おはようございます。
 本日の日本株は、先週末のダウ367ドル安の不安があると思いますが、19日のブログに書いた通り、「原油安とそれに起因するハイイールド債に対する警戒感と、クリスマス休暇前の手じまい売りをSQにぶつけた事」が下落原因だったと思いますので、売り先行で始まるとしても、午前中で織り込み、後はイベント後の仕切り直しという事になると思います。
 ただ、週央に祝日を挟み、外国人投資家の大半はクリスマス休暇で参加しないため、市場はオフモードです。
ある意味、閑散ながら、個人投資家だけのすっきりしたマーケットになるかも知れません。本日を含めて3日連続で2銘柄づつのIPOがあります。そのため、注目は、材料株や中小型株になると思います。日本郵政も、TOPIX組み入れで賑わうかも知れません。また、週末の混乱の元になった日銀の「補完」政策で、JPX400が注目されるので、構成銘柄の1部が賑わうかもしれません。
 原油と為替が引き続き波乱要因です。為替は7時現在121円前半ですが、120円台になったり、逆に122円台に戻ったりしすると、場中でも株価は動きます。
今日の材料は、午後発表の全国スーパー売上高位です。

 本日の日経平均予想レンジ 18750円―18900円。