2015.12.29 やれやれ。
おはようございます。
 クリスマス明け28日のNY株は、
ダウは23.90ドル安の1万7528.27ドル、ナスダックは7.51ポイント安の5040.98ポイントと小動きでした。心配していた中国株急落への評価は、朝方売り先行で始まりましたが、一順後は買いも入り、下げ幅を縮小しました。原油も一時3%以上急落し、波乱要因もあったのですが、実質2016年相場のスタートはまずまずの強さを示しました。

 日本株。
中国株がまた大きく下げました。日本株昨日立会後半の動きは、冷静な感じでしたが、前回の中国ショックも、日本は冷静だったのに、翌日のNY株の暴落で、改めて日本が売られましたので、NY株の動きには大注目だったのですが、波乱無しでやれやれです。休みモードの中で、大暴落なんてたまりませんからね。
 中国は、11月工業利益が6ヶ月連続の減少となったほか、IPOへの新制度導入で既存上場株への需要懸念で大幅安になっています。引き続き中国要因はネガティブですが、関連銘柄は既に底を打っている感じです。
 本日のマーケットは、前日に比べ、為替、原油の現在値は大きく変化していません。中国ショックを心配した筋の買い戻しが若干あるかも知れませんが、基本閑散相場の一日でしょう。

 本日の日経平均予想レンジ 1万8800円ー1万8950円。

スポンサーサイト