おはようございます。
 20日のNY株。
 ダウは249.28ドル安の15766.74ドル、ナスダックは5.26ポイント安の4471.69ポイント。ダウは一時560ドルを超す大幅下落となりました。リスク回避の売りで波乱です。引けにかけてはさすがに買戻しです。

 日本株。
 筆者の昨日の日経平均下値の予想は16900円でした。昨今の波乱相場ですから外れる事も多々ありますが、海外ファンド関係者からわざわざ「超弱気です」というメールが入っていたので、嫌な気はしていましたが、事前の感じから、ここまで下がるとは思っていませんでした。こうなると、押し目買いが出来るのは個人投資家だけです。現在の市場の8割以上を占拠するメーンプレーヤーである外国人ファンドや国内機関投資家は、ただただヘッジ売りをするだけです。彼らが売り終わるのを待つしかありません。
 今週の日経平均予想レンジの下限を16500円としましたが、正直付けて欲しくなかった水準です。そこは一昨年11月初めに空けた週足のマド埋めとなり、テクニカル上、それ以降の相場の一つのラウンド終了を意味するからです。下げの始まりと言うわけではありませんが、1年以上のしこりをほぐすには時間がかかります。
 勿論良くも悪くも何が起こるか分からないのが相場です。今晩のECB定例理事会、来週26-27日のFOMC、28-29日の日銀政策決定会合で、何かが起こる事を期待する事になります。 

本日の日経平均予想レンジ 16300円―16600円。
 ダウの下げは昨日の立会時間中のCMEの動きで632円安に織り込まれていましたので、本日売り一順後は値ごろ感の買戻しも入ると思います。

 今日は日経CNBCはラップトゥデイで12時入り、ゆっくりの日ですが、その前に4875メディシノバを訪問して、カルフォルニアの岩城社長へのテレビ電話取材です。これから出かけます。報告はします。

スポンサーサイト