おはようございます。
 NY株、GDP上方修正、失業保険申請件数良好の材料あるもウクライナ情勢の再緊迫を受けて下落。レーバーデー(月)3連休前のポジション調整に押された感じ。出来高5億株割れと超閑散。今晩も低調か。
 日本株、鉱工業生産、住宅着工、CPI等重要な指標でるが、調整ムードを吹き飛ばすほどの数字は出そうもない。CMEが1万5405円で帰ってきた。イージーだが今日の予想レンジは15350円-15450円。ただし、25日移動平均が15390円台にあるのでまずは当然攻防戦です。業績材料は中間決算発表(10月後半)を待たざるを得ず、円安もはっきりしない。9月相場沈滞ムード出ていますが、石破氏入閣で組閣後の安倍内閣の支持率は維持できそう。今の相場は、内閣支持率=株価 になっているので好材料。GPIF運用見直しもあり、意外にしっかりの9月相場になるのではないか。言い疲れたが中小型株の循環物色。昨日紹介のメディシノバ、年内アメリカで爆騰説?これナスダック銘柄でもあります。
スポンサーサイト