おはようございます。
 週明け8日のNY株。
ダウは177.92ドル安の1万6027.05ドル、ナスダックは79.39ポイント安の4283.75ポイントと大幅続落です。欧州株が全面安となったことに加えて、原油先物が一時30ドルを割れた為、朝方から大幅安で、ダウは一時400ドルを超す下落となりました。

 日本株。
 株安・原油安の動きは止まらず、移民流入やイギリスのEU離脱を含めた欧州不安もますます混迷を深め、リスク回避の円買いが継続すると言う、日本株にとって逆風の問題山積です。肝心のアメリカ経済も、今回の雇用統計の評価に見られるように、見方が分かれ不透明感が高まっています。
 先月21日で売り方もひとまず矛を納め、その後強い売り崩しも見られませんでした。16000円までのヘッジ売りが済んでいた為です。昨日もSQがらみと思われる買い戻しが入っていました。しかし、CMEが16500円を割れていますので、500円もゾーンが変わった為、SQの手も変わるかも知れません。木曜日が休みですので、水曜日と言われる波乱日が今日に当たります。強風にしっかり踏ん張りましょう。
 「大塚家具が上がるのではないか。心は、タンスが売れるから」。MMFの募集停止、繰り上げ償還に対する兜町のジョークです。為替が黒田ゾーンの下限に近付いています。何でもやると言っている黒田総裁、年間80兆円の資金供給を100兆円位に上げかねません。リスクオフで退避した資金はどこに行くのでしょうか。タンスに入れておくのも限度があります。最近の金(ゴールド)や長期債の上昇がすごいですね。でもここだけでも吸収しきれません。だったら行先は一つでしょ。

 本日の日経平均予想レンジ 16350円―16700円。