2014.08.30 来週の相場。
おはようございます。
 3連休を控えた週末29日のニューヨーク株は、良好な景気指標を好感し、反発しました。前日28日も消費者信頼感、耐久財受注等を素直に好感しS&P500史上初めて2000ポイント乗せとなっていました。相殺相場と言ってきた、好材料は警戒政策に、悪材料は期待政策で相殺され、カタリスト(材料)にならなかった「金融相場から業績相場への過渡期」から脱出し、完全に「業績相場」に移行したと思います。投資家が戻ってくる3連休明けの本格相場もしっかりの展開が予想されます。
 これが日本株の下値を支え、9月相場のスタートである来週は意外としっかりしたものになるのではないかと思っています。来週は重要な予定・イベント目白押しです。国内では法人企業統計、日銀政策決定会合、海外では中国製造業PMI、週末の雇用統計をピークとするアメリカの各種指標、息つく暇もない感じですが、見方は「好材料なら好材料」です。予想レンジは15250円-15750円。