おはようございます。
 25日のNY株。
 ダウは212.30ドル高の1万6697.29ドル、ナスダックは39.60ポイント高の4582.21ポイントと続伸です。
欧州株が、金融株主導で軒並み2%以上の大幅反発です。この動きを受けてNYも買い先行で始まり、午後からの原油高で更に上値を追いました。1月の耐久財受注の数字も好調で下支えになりました。株、原油価格の底入れムードが出ています。

 日本株。
 昨日から受け渡しベースで3月相場(春相場)が始まっています。週末のG20期待や国内の政策期待があり、月曜日高・週末安のリズムが良い方向で崩れそうです。春相場の明るさが見えて来ました。2月15日の1000円高の大陽線を入れた後、上に行きそうでいかない状態が8営業日続きましたが、この間の高値16350円を本日抜けば、来週は、25日移動平均16500円台や17000円の大台替えも見えて来ます。

 本日の日経平均予想レンジ 16200円―16400円。

 昨日は決算説明会等で忙しい1日でした。昼エクスプレスの出演時間と重なって行けなかったので代わりの者が行きました。簡単な報告です。
 1413桧家HDは16年12月期の売り上げ高予想が800億円を超え、M&Aもあり、中堅住宅建設会社として、いよいよ1000億円が見えて来ました。なのに名古屋2部上場銘柄のままとはおかしいですね。本社は東京丸の内1丁目です。
 子会社の1429日本アクアも前期に特損を計上し身軽になっています。今期は大幅増益の見通しです。出席した者の報告では、親会社桧家HDの近藤社長の顔色は良かったとの事です。日本アクアも今後の問題は無いとの事でしたが、筆者を裏切り続けた銘柄なので、・・。
 筆者も2社と面談でした。1社は決算説明会前の面談なので、社名やその内容は公表できませんが、もう1社は、3277サンセイランディックです。前日の決算説明会に出ましたが、40人ほどのアナリストが参加していましたが、おざなりの質問しかなく有意義なものではなかったので、改めて連日の取材となりました。底地の権利調整を得意とするニッチな不動産会社ですが、堂々の東証1部企業です。良い会社だと思います。いずれ詳しく報告します。