おはようございます。
 3月10日に開かれるECB理事会で、追加緩和策が出るのではないかと言う観測が広がり、欧州株は全面高。軒並み2%前後の上昇で、ギリシャASEは4.78%高となっています。アメリカの第4四半期実質GDP改定値は前期比1%増と、速報値の0.7%増から上方修正され、ドルは円に対して3日続伸しています。
 NY株は、次回FOMC(3月15、16日)での利上げ観測も出て売りに押されましたが、再び110円台が出るかと思われたドルが114円前後に一気に戻り、CMEは16315円で帰って来ています。当然今日の日本株は買い先行で始まると思いますが、上値トライの気迫が、市場に戻って来るかどうかまだ分かりません。
 ひとまず25日移動平均線(本日推定16510円)を意識しながらの展開になると思われます。そんな市場の温度帯では更に個別物色の動きが高まると思います。
 今日は1月の鉱工業生産速報値が出ます。こう言う時なので材料になりそうです。また、今日は4年に1回しかない2月29日です。何かが起こるかも知れませんね。何が起きても勝った(買った)ものが勝ちます。弱気予想が当たっても結局安値で買えなければ儲かりません。余裕を持って相場に対応しましょう。

 本日の日経平均予想レンジ 16200円―16450円。