おはようございます。
 4日のNY株.
ダウは55.75ドル安の17737.00ドル、ナスダックは22.75ポイント安の4891.80ポイントと反落です。

 日本株。
 今月は、1日が金曜日だった為、早くも今週SQ週です。波乱が予想される火曜日、水曜日に直面する前の、昨日までの5連続安で、水準(日経平均1011円安)が変わっています。14億株株台だった3月メジャーSQの時に比べ、現在の裁定買い残は16億株に増えています。玉関係がどう変わったのか、注意です。
 2月の15000円割れを割れを支えたのは、日経平均予想PER13倍割れと言う、絶対安値的値ごろ感でした。企業業績が悪化し、予想EPS(昨日1115.8円)が下がり続ける今、5連続安でもまだ14.45倍です。このままでは底値予想が、1115.8*13で14505円となります。昨日の報道で、新3本の矢を強固にする政策が用意されているそうですが、早く出さないと崩れますよ!と言いたいですね。今日も日本株は、為替111円台前半、原油35ドル台の不透明感の中でトレーディングをしなければならないSQ週の火曜日なのですから。

 本日の日経平均予想レンジ 15950円―16150円。

 でも、投資家の皆さんは対処法があるから大丈夫です。
渋谷をシリコンバレーのようにしようと始めた、ソフトウエア開発会社の集まりであるMIJSコンソーシアムの会員は、当初の13社から今70社に膨らんでいます。昨日、新ビジョンの紹介と今後の行動計画の発表でもある、第1回MIJS Japan Tech Valley Summitが開かれました。大変な熱気で立ち見も出る程でした。日本のソフトウエア開発は自己完結型で、シリコンバレーの解放・連携型に比べると大きく劣ります。人、技、金を結集して日本にイノベーション革命を起こすと言う、高い行動計画を立てましたが、これからの感があります。会員の中から現在5社が上場企業となりましたが、昨日の直感では、2352エイジア以上の魅力は感じませんでした。これからよく調べて、見守りたいと思います。
 4875メディシノバが止まりません。筆者の銘柄は、25日移動平均からあまりに離れたら売っても良いですが、買戻しのタイミングを誤るとおいて行かれますよと、先日の当欄で注意コメントを入れましたが、実はこのメディシノバを念頭にしたコメントでした。かなりの方が大きく利益を上げていますが、かなりの方が置いて行かれているようです。100株でも残して置いて下さい。せっかくの夢を共有したいです。
 筆者銘柄は、3年後、5年後を想定していますから、25日移動平均に接近するような、休んでいるタイミングが再エントリーのタイミングです。安い水準で売り買いした事は忘れて下さい。3237イントランスでは、筆者が紹介してから、もう5回も回転させた猛者もいます。1413桧家HDが25日線に近づいていますね。