おはようございます。
 週明け2日のNY株。
ダウは117.52ドル高の1万7891.16ドル、ナスダックは42.23ポイント高の4817.59ポイント。NYSE出来高は9億8785万株。
 先週の上げ幅は約2カ月半ぶりの大きさだった事で、買い戻しが先行しました。注目のISM4月の製造業景況感指数が50.8と、前月実績(51.8)と市場予想(51.4)を下回りましたが、売り材料とはなりませんでした。ただ、今週は雇用統計の週です。関連指標の発表もあり、日本は連休ですが、米国は忙しい週となります。
 
 日本株。
 昨日の日経平均は一時16000円を割れる大幅安となりましたが、最初の15分で水準が決まり、その後は狭いレンジの揉みあいでした。3連休で投資家の気持ちが整理されて、パニック売りにはなりませんでした。それでも2日間で1200円の下げは正常では無く、米財務省の為替報告で監視対象国に指定された為替環境を含めて、まだ下値確認とはいかないようです。2月12日の15000円割れで1番底、4月11日の15751円で2番底、昨日の16000円割れで3番底となる理想的底入れ型を形成できるかは、連休中の為替にかかっています。

 さて、強い投資家・負けない投資家になる為の「平野憲一投資道場」第2日目は 「買い乗せこそ強い投資家の証(あかし)」 です。
 中国の景気減速で、チャイナ・プラスワン(中国から軸足を他のアジア諸国に移す)が話題になった一昨年、7771日本精密と出会いました。既に進めていたアセアン戦略がようやく実を結び、日本の物つくり精神をメコンデルタに展開しようとしている当社に強い興味を持ち、岡本社長に会って、5年後の姿が見えた感じがしました。エントリーの決断(投資道場第1日目)に至りました。今回はこの銘柄を例にとって話します。
 最初に筆者が活字で発表した日の当社株価の寄り付きは113円でした。その後上げ下げをしながら下値を切り上げ、いよいよ11月14日の寄り付き145円からの爆騰を迎えます。ここまでに売ってしまった投資家も多いと思います。113円で買って145円では28%もの利益が出るわけですから仕方のない事です。問題はこれからです。11月17日に終値164円と直近高値160円を抜けました。(因みに筆者の言う高安は終値で表現しています。100年前からあるNYの理論「すべての株価情報は終値に結集される」を信じているからです。ザラバの値段は参考値段です。)
 さて、いよいよ強い投資家と弱い投資家の分かれ道です。あなたは145円で売ってしまった銘柄を直後に164円で買えますか?買えたら強い投資家です。多くの投資家は高値抜けで強気になり、買ってしまって後悔した経験をお持ちと思います。それは唯の「乱暴な投資」です。そうならない為には第1日目のエントリーの決断で、最初の道に迷わない事です。しっかり先が見えた銘柄だけを買うべきです。
 
(この道場が何日続くかまだ分かりませんが、1日だけのテーマで強くはなれません。複合的に組み合わされて強度を増します。)

 さあその後当社は11月28日に272円になります。さすがに25日移動平均かい離率が異常に高くなり、過熱感が出ました。この辺は杓子定規に考えず、1部売っても良いと思います。
 過熱感は、出来高と移動平均かい離で判断されます。筆者は25日移動平均を使いますが、これが一般的で皆が参考にしているので影響度(参考度)が大きいからです。蛇足ですが、25日は土曜日立会があったころの1か月の日数です。土曜立ち合いが無くなった直後、1か月の立会日数20日移動平均線に直そうとしましたが、いつの間にか25日に戻ってしまいました。今まで使っていたものを変える事は出来なかったわけです。
 今日の分はこれくらいで、では明日。
スポンサーサイト