おはようございます。
 週明け16日のNY株。
 ダウは175.39ドル高の1万7710.71ドル、ナスダックは57.78ポイント高の4775.46ポイントと反発です。NYSE出来高は8億8364万株。
 このところ市場の足を引っ張っていたアップル株を、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の投資会社バークシャー・ハサウェイが大量に取得していたことが判明しました。アップル(3.7%高)だけでなく、このところ売り込まれていた主力株や小売株、更には原油価格が半年ぶりの高値でエネルギー株などに買い戻しが入りました。

 日本株。
 昨日の日経平均は、寄り付きを安値に一時220円高がありましたが、薄商いの中、為替感応度の強さを見せつけました。ドル円がわずかに円安になると日経平均に強い買いが入り、円高の気配を見せると一気に値を消しました。一部高速売買のファンドの動きだけの一日という感じでした。しかし、日経平均は引け値16466円40銭と予想レンジ内に納まり、特に何か変化があったわけではありませんでした。
 それに対して、マザーズ指数が6.76%安と、最近では最も長い陰線を入れ、中小型・新興市場株物色がピークを迎えたのではないかと言う観測が出ています。一部の市場関係者の間では、「アルベルトショック」だと騒いでいます。報道されていますように、マザーズ銘柄3906ALBERTの元会長のインサイダー取引容疑ですが、これをかってのライブドア・ホリエモン事件とダブらせ、マザーズバブルの終焉ではないかという見方です。昨日のブログで、「中期計画で先の見える銘柄や、少なくとも今期予想が良好な銘柄に資金が集中します。引き続き中小型個別銘柄です」と書きました。その考えは全く変わっていませんが、筆者「投資道場」では、強いトレンド銘柄への投資法として、「高値買い、押し目見送り、押し目は下げの1丁目」としています。引け値ベースでは、昨日のマザーズ指数終値1125.37ポイントは、チャートで見るとダブルトップのネックラインを切りました。2月からの上げ波動はいったん終わったとも考えられます。ここは、「投資道場」の理論通り、強い銘柄の押し目は買ってはいけないとします。
 筆者銘柄は、テクニカルで選んだ銘柄ではありませんので、下げたからと言って撤退する事は無いと思いますが、強いトレンド銘柄群の買いは、下げたところは見送りが賢明と思います。逆に、調整をしていた1413桧家HDや3237イントランスの見直し買いが面白いと思います。政策関連でもあります。

 本日の日経平均予想レンジは 16500円―16650円 とします。
 NYが株高・ドル強含みという日本株にとって好条件が出ている事、午前6時現在、ドル円109円台、原油48ドルに迫っていますので、買い先行で始まり、昨日の高値を目安にした強含みの展開を予想します。場味が強いと、消費税増税延期も好評価されるかもしれません。