おはようございます。
 週明け20日のNY株。
 ダウは129.71ドル高の1万7804.87ドル、ナスダックは36.87ポイント高の4837.21ポイントと反発。NYSE出来高は9億0864万株。
 欧州株の軒並みの大幅高を受けて買い先行となり、一時は上げ幅が270ドルを超えました。しかしその後は、イエレンFRB議長の議会証言を21、22両日に控えて、様子見ムードとなりました。
 
 日本株。
 英国の直近の世論調査で、残留派が離脱派を上回った事で、欧州株価は軒並み3%を超す大幅上昇となりました。市場はリスクオンになって、日本株の決定要因の1つであります原油先物は続伸しました。しかし、離脱優位でポンド売りドル買いのポジションが積みあげられていた為、その解消でドルが売られました。ドル円は再び103円台でこちらは日本株にとってマイナスです。
 昨日予想以上の大幅な買戻しとなりましたが、出来高が示す通り、まだ新規買いは入って来ないようです。今日も、欧米株の反発や原油高は好材料ですが、ドル円の103円台は市場のムードを冷やしそうです。英国のEU離脱問題も、残留派が若干優位になったとは言え、その差はわずかで、開けて見なければ分からない状態は続いています。メディア報道のわずかな変化で、波乱になる事も十分考えられます。実質的に結果を織り込む金曜日の朝まで、予断は許されないという事です。

 今日の予定は 国内で
4月27・28日の日銀金融政策決定会合議事要旨(午前8時50分)
4月の全産業活動指数(午後1時半、経産省)
5月の粗鋼生産(午後2時、鉄連)
株主総会=ゆうちょ<7182>、三井物<8031>
上場=AWSホールディングス<3937>、ストライク<6196>がマザーズ
 海外では
6月の独ZEW景気期待指数(午後6時)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
API米週間原油在庫(22日午前5時半)
イエレン議長上院銀行委員会で証言  となりますが、
 今日は、英国からの通信社報道や、ドル円レートに一喜一憂しながら、今晩のイエレン議長の上院銀行委員会での証言を待つ形でしょうか。

 本日の日経平均予想レンジ 15800円―16000円。

スポンサーサイト