おはようございます。
 20日のNY株.
 ダウは36.02ドル高の1万8595.03ドル(7日連続史上最高値更新)、ナスダックは53.56ポイント高の5089.93ポイント。NYSE出来高は7億4973万株と低調ですが、先高観で、逆に売り物が出ない状態です。カネ余りで、資金の再投資先が無く、株式市場から資金が、出るに出られない状態を表しているようです。
 マイクロソフトが、4~6月期決算のクラウドサービス好調をはやして5.3%高と買われ、全体相場を牽引しました。一時ダウは1万8600ドル台に乗せました。

 日本株。
 日経平均すべて3ケタの上げで6連騰、1600円の上昇後の利益確定の下げとしては、昨日わずか41円安と、逆に相場の強さを見せつけていますが、本日、こちらも予想を超える円安で、107円台になって来ました。
 経済の堅調をバックにドルが強含みにならざるを得ない事、世界的株高で投資家のリスク許容度が増し、円に退避していた資金が円から離れ始めた事、来週の日銀政策決定会合でスキームの大きい政策が出るのではないかという事で、かなり抵抗のあった106円台を突破したものと見られます。
 日経平均も、正念場である16500円の抵抗帯を、どうやら突破した感じです。ここは価格帯もそうですが、11月決算の多い海外ファンドが、第3Qを終わり、決算をそろそろまとめなければならないタイミングでした。その点8月も要注意ですが、海外株高に見られますように、リスク分散でマイナス金利の債券や金(ゴールド)をこれ以上買うわけにもいかず、株を売っても次に買う投資物件がありません。11月までこのキャッシュを抱えているわけにもいきません。可能性としては、「下値不安の無い中小型成長企業」へ資金を移すと言う選択肢が一番大きいと思います。
 4304Eストアーが昨日引け後、株主優待を発表しています。わずかな事ですが、株主に向き合う気持ちを評価したいと思います。勿論ビットコインを導入したチャレンジ精神も。

 本日の日経平均予想レンジ 16750円―16950円。
スポンサーサイト