おはようございます。
 いくつかの道が見えます。まず、アベノミクスが成功して、安定的に2%の物価上昇と2%以上の成長経済になる道です。これは2018年の目標が更に伸びて2019年になる事を含めて、成功確率30%と筆者は推定します。
 次に、今の様な緩和政策に支えられた崖っぷち経済が5年10年と続く確率、50%です。
 更に、日本経済が衰退と共に混迷の道に陥って行く確率20%。筆者の勝手な推定確率ですが、日本株がどこへ行くかと言うと、最初のハッピーな予想では、金融相場から業績相場(景気回復相場)に移ることが出来るわけですから、当然株高です。二つ目は、エンドレスで資金供給が続き、マネタリーベースはGDPを上回って、バブル型株高になります。つまり、80%の確率で株は高い方へ向かう事になります。
 バブル型株高とは、違う言い方をすると、円崩壊型株高です。通貨の価値は国が保証していますが、保証しきれないほど通過を発行したら、その通貨の信用度は落ちます。だからと言って極端な円安にはなりません。世界中がおカネを刷りまくっていますから、通貨の崩壊は、ドルにも、ユーロにも、ポンドにも、そして元にも起こるからです。ただし、現実はゆっくり進行します。5年10年かけてゆっくりです。
 1971年8/15ニクソンショックが起こりました。金ドル交換停止です。その頃35ドル出すと金1オンスと交換できましたが、その兌換が突然停止されたのです。(因みに、1オンスは28.349グラム、1トロイオンスは31.1035グラムです。)社会人1年生だった筆者としてはとても不安で心細くなった事を覚えています。本当はドル崩壊の始まりだったのですが、東西冷戦に勝利したアメリカの独り勝ちで、ただの紙になったドルの価値は今日まで45年間維持されて来ました。しかし、これからは、その崩壊のスピードは速まります。少なくともあと45年後という事はありません。では、現在の通貨に変わるものは何でしょうか?すでにメガバンクは準備をしていますね。そうですビットコインの様な仮想通貨です。
 通貨は国が保証します。国が保証しきれなくなって通貨が崩壊するわけですから、仮想通貨は誰が保証するかと言うと、それを使う消費者です。後何年後か分かりませんが面白い世界が来そうです。この、「使う人が保証する通貨」という仕組みを考え出したのは日本人だそうですからすごいですね。
 今日は、ちょっと変な事を書いて見ました。
 ともかく株はいずれ高くなります。円表記ですから。