おはようございます。
 9日のNY株。
 ダウは3.76ドル高の1万8533.05ドル、ナスダックは12.34ポイント高の5225.48ポイント(史上最高値)。NYSE出来高は7億5095万株。
 NY株高を受けて欧州株高、それを受けて再びNY株買いのながれで始まりました。午前にナスダックが高値を更新し、ダウも堅調でしたが、午後はさすがに利益確定売りに押されました。原油価格の弱さも売り材料になりました。

 日本株。
 今週に入ってオプションSQがらみの買戻し相場で、いつの間にか日経平均は16700円台です。今日はSQ最終取引日で、どうやら16750円前後で決まりそうです。売り方はもう少し下を攻めたいところでしょうが、日銀ETF買いは先週木曜日の707兆円買い以降3日間入っていません(支援ETFは毎日12億円買っていますが)ので、下がればすかさず買って来るでしょう。
 7月のオプションSQ値が15331円34銭なので、1400円以上も上での決着となりそうです。1か月前には16000円台は無理と言うのが大勢でした。日銀買いによるいびつな相場との見方もありますが、これこそが相場と言うものです。しかし、上がったとは言え、まだ17000円にも届いていません。コア30中心の主力株の戻りですから、個人好みの動きでもありません。勝負はこれからです。外人中心に、日銀以外の援軍が湧いてくるか。期待を持って見守りましょう。
 予定は
6月の機械受注(午前8時50分、内閣府)
7月の企業物価(午前8時50分、日銀)
6月の第3次産業活動指数(午後1時半、経産省)
◆決算=ルネサス<6723>、損保JPNK<8630>、昭和シェル<5002>
EIA週間原油在庫(午後11時半)。

 本日の日経平均予想レンジ 16600円―16800円。

 今日から4日程、日本精密のカンボジア工場見学です。ベトナム(ホーチミン)から、車でカンボジアに入ります。この暑いときに更に熱い所に行くわけですが、頑張ってしっかり見て来ます。勿論復興するアジアの象徴でもある、ベトナムとカンボジアの情勢も、短い時間ですが感じて来ます。本ブログはその間休ませて頂きます。予定通りなら日曜日にまたお会いします。