おはようございます。
 ジャクソンホールでのイエレンFRB議長の講演はドル高円安となって、日本株にとっては良い結果となりました。後は、今週末の雇用統計ですが、その他の予定を拾って見たら、重要なものがこんなにあります。

本日は予定表のみとなってしまいましたが、詳しい相場観は、本日アップの東洋経済オンラインのマーケットの筆者コラムをお読みください。

【29日(月)】
7月の米個人所得・消費(午後9時半)
休場=英(サマー・バンクホリデー)、フィリピン(英雄記念日)
【30日(火)】
7月の有効求人倍率・労働力調査(午前8時半)
7月の家計調査(午前8時半)
7月の民生用電子機器国内出荷(午後2時)
8月のユーロ圏景況感指数(欧州委)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
6月の米S&Pケース・シラー住宅価格(午後10時)
8月のコンファレンス・ボード消費者景気信頼感(午後11時)
API週間原油在庫(31日午前5時半)
【31日(水)】
7月の鉱工業生産・出荷・在庫指数(午前8時50分)
布野日銀審議委員会見(午後2時、ホテルオークラ新潟)
7月の自動車生産・輸出実績(午後1時)
7月の住宅着工(午後2時)
8月の日銀当座預金増減要因と金融調節(午後7時半)
8月の独雇用統計(午後5時)
7月のユーロ圏失業率(午後6時)
8月のユーロ圏消費者物価(午後6時)
4~6月期のインドGDP(午後9時)
8月のADP全米雇用報告(午後9時15分)
8月のシカゴ景況指数(午後10時45分、MNIインディケーターズ)
EIA週間原油在庫(午後11時半)
4~6月期のブラジルGDP(地理統計院)
■9月■
【1日(木)】
4~6月期の法人企業統計(午前8時50分)
8月の新車販売(午後2時)
8月の中国製造業PMI(午前10時)
8月の財新・マークイット中国製造業PMI(午前10時45分)
8月の企業人員削減数(午後8時半、チャレンジャー・グレー&クリスマス)
4~6月期の米労働生産性・単位労働コスト改定値(午後9時半)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半)
8月の米ISM製造業景況指数(午後11時)
7月の米建設支出(午後11時、商務省)
8月の米新車販売(2日朝)
【2日(金)】
8月のマネタリーベース(午前8時50分、日銀)
8月の消費動向調査(午後2時)
8月31日時点の日銀保有国債銘柄別残高▽国庫短期証券銘柄別買い入れ額▽受け入れ担保残高(午後5時
8月の米雇用統計(午後9時半)
7月の米貿易収支(午後9時半)
7月の米製造業出荷・在庫・受注(午後11時)
【4日(日)】
G20首脳会議(5日まで、中国・杭州市)
スポンサーサイト