2016.09.30 5対3対2.
おはようございます。
 29日のNY株。
 ダウは195.79ドル安の1万8143.45ドル、ナスダックは49.40ポイント安の5269.15ポイントと大幅反落。NYSE出来高は10億0075万株。
 原油先物価格は47ドル台を維持していましたが、前日のOPEC非公式会合が「臨時総会」に格上げされた上での生産量制限合意ながら、その実効性はまだ信じられず、サプライズ後のこの日は株価への影響は限定的になりました。
 4~6月期の実質GDP確定値は市場予想を上回りましたが、積極的な買い材料にはなりませんでした。
NY相場を大きく動かしたのは、ブルームバーグ通信が昼すぎに出したニュースでした。ドイツ銀行に資金を預けているヘッジファンド約10社が一部資金を引き揚げているとの事で、金融株を中心に売りが出て、ダウは一時247ドル安までありました。

 日本株。
 権利付最終日27日の相場環境の中での日経平均139円高は意外でした。権利落ち28日の218円安は当日の環境と落ち分を考えるとほぼ予想通りでした。昨日29日の228円高は再び意外な強さでした。権利落ちを1日で埋めたら相場は強い(上昇する)と良く言われます。今回は1日で埋める事は出来ませんでしたが、28日を前場、29日を後場と考えると、1日で権利落ちを埋め10円高になった計算になります。
 中々脱出できなかった100円台が、原油高によって簡単に101円台になり、相場の流れから言うと、今日あたりから面白い10月相場が想像出来たのですが、ドイツ銀行の経営不安説が更に大きく影を落とし始めました。リーマンショック時代の住宅ローン担保証券の不正販売に関わったとして、アメリカ司法省から140億ドル(約1兆4300億円)にのぼる巨額の制裁金の支払いを求められた事が発端ですが、近年ドイツの中国接近の急先鋒として、中国進出企業に多額の貸し込みがあって、その不良債権化も不安視されています。ファンドの件のように今後のメディアの報道には注意が必要です。
 マザーズIPOラッシュの今週でしたが、昨日のシンクロ・フード(3963)も人気で、これで4銘柄すべて大きな人気になった事になります。今日もマザーズにG-FACTORY(3474)が上場します。公開株数が少ないのでどうなるでしょうか。
 とにかく個別株です。昨日の日経CNBC「平野憲一投資道場」で、5対3対2の法則を紹介しました。株価は、5企業価値、3需給、2人気で構成されていると言う見方です。筆者銘柄において、企業価値は深掘りしていますので自信がありますが、需給と人気は変動します。低迷していた需給と人気が好転しつつありますので、期待しています。

 本日の日経平均予想レンジ 16450円―16600円。
スポンサーサイト