おはようございます。
 昨日のNY株、ダウは154.19ドル高の17210.06、ナスダックは46.53ポイント高の4555.22と上昇。8月新築住宅販売が予想を大きく上回った為です。この動きはまさに業績相場の典型的な反応です。このところ住宅関連指数はあまり強くはありませんでしたが、あるファンドマネジャーが自宅(米国)をリフォームしようとしたら、2か月待ちで、建設会社が価格の引き下げに応じなかったと昨日聞かされたばかりでした。住宅事情の実態は指標以上に強いようですね。
 日本株、為替も109円に戻り強含みの展開が予想されますが、本日権利付最終日。大きくは動きにくいと思います。予想レンジは16100円-16300円。
 引き続き個別で。外国人投資家も個別対応しています。(前述のファンドマネジャー)
 昨日のNY株、医薬品・バイオセクターや小売株が大きく上昇しています。当欄おなじみの4875メディシノバが休養十分なタイミングな気がしますが。住宅関連では1429日本アクアも上に行きたがっている感じです。
スポンサーサイト