おはようございます。
 週明け17日のNY株。
ダウは51.98ドル安の1万8086.40ドル、ナスダックは14.34ポイント安の5199.82ポイントと反落。NYSE出来高も7億0715万株と低調でした。
 注目の10月のNY州製造業業況指数が予想外に悪化し5月以来の低水準となった為、債券買いが優勢となり、金利低下から金融株が売られました。また原油価格軟調でエネルギー株も弱い動きでした。
  午後にフィッシャーFRB副議長の講演がありましたが、低金利の持続に強い懸念を表明したものの、当面の金融政策に言及しなかったため市場の反応は限定的でし。ただ、ダウは終日軟調でしたが、インテルやヤフーなど本格化する企業決算を控えた様子見で下値を売る感じはありませんでした。

 日本株。
 昨日も、日経平均はもう少しで17000円に届きませんでした。今日は昨日に比べ、株価にとって為替と原油価格の条件が若干低調なので、抜け狙いは無理で、低調な1日になりそうです。(しかし、こう言う時意外な強さを示す最近の市場ですが)。今日は、国内予定も参考になるものはありません。今晩、
 9月の米消費者物価(午後9時半)
 米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
 API週間原油在庫(19日午前5時半)    ですので、結局米株待ちになりそうです。
本日の日経平均予想レンジ 16750円―16900円。昨日から50円下げ。

 やはり個別株です。低PBRの割安株もごろごろしています。アデランスのMBOの様な事がこれから起きます。極端な低PBR銘柄は当然狙い目です。
 また、それとは逆に頑張っている企業には買いが入ります。筆者カバー銘柄中の優等生2352エイジアが昨日すっ飛びました。業績の上方修正と業務提携を発表した為です。大出世した後調整していましたが、ようやく再軌道に乗り始めました。ところで、まさか我が陣営の投資家が、手持ちを株を売ってエイジアに乗り換えたわけでは無いと思いますが、もう1つの有望株 4304 Eストアーが急落しています。ビットコイン関連株で、この押し目は買いだと思います。