おはようございます。
 大きなイベントがある時は、事前にどれだけ織り込んでも織り込みきれません。結果が出てから動くファンドが多く存在するからです。特に今週の金融政策については、新しい政策は出ないと思われているので、もし何か出たらサプライズになります。週末には米国の雇用統計もあって、いつも気の抜けない市場ですが、今週は特に緊張する1週間です。おりしも日経平均は直前の下げの半値戻しに差し掛かり、その緊張感はひとしおです。
 さて今日は、105円を付けた為替は104円台半ばに戻り、原油も続落で48ドル台、寄り前の条件は若干悪い感じです。
 予定は
日銀政策委・金融政策決定会合(11月1日まで)
9月の鉱工業生産・出荷・在庫(午前8時50分)
9月の住宅着工▽建設受注(午後2時)
決算=第一三共<4568>、ヤマトホールディングス<9064>、日本航空<9201>、日本郵船<9101>、神戸製鋼所<5406>
7~9月期のユーロ圏GDP、10月のユーロ圏消費者物価(午後7時)
9月の米個人所得・消費(午後9時半)
10月のシカゴ景況指数(午後10時45分)
   と、なっています。寄り前の9月の鉱工業生産の数字を織り込み、為替の動きを見ながら、個別決算を織り込む展開になると思われます。因みに鉱工業生産指数最近3カ月の動きは、(前月比)6月プラス2.3%、7月マイナス0.4%、8月プラス1.5%となっています。今回はプラス2%前後が予想されていますが、体感温度としては8月の数字とあまり変わらない気がします。

 本日の日経平均予想レンジ 17300円―17450円。

スポンサーサイト