おはようございます。
 トランプ、トランプで暮れた先週後半ですが、今日は日本の7-9月期GDP速報値から一日が始まります。4-6月期の速報値は、実質前期比年率0.2%でしたが改定値0.7%に上方修正されています。既に7-9月が出ている日銀短観大企業製造業DIを見ると4-6月と7-9月の関係はプラス6で横ばい、非製造業で19から18へ若干の低下となっています。しかし短観はアンケートなので、世の中の肌感覚とそれほどずれませんが、GDPは数字の積みあげなので、事故や期ずれで大きく動きます。どんな数字が出るか注目です。
 そして、もう1つの注目材料がメガバンク中心に出る金融セクターの決算です。午前中には10月の中国鉱工業生産も出ますが、今日は国内経済に目が向く一日になると思います。

 本日の日経平均予想レンジ 17300円―17500円。 
 為替が106円台後半になっていますので、107円台に乗せてくるといよいよ引け値で17500円越えも。
 
 今日の予定
7~9月期GDP(午前8時50分)
黒田日銀総裁が名古屋金融経済懇談会に出席、その後会見(午後1時45分)
9月の産業機械受注・輸出契約(午前11時)
9月の鉱工業生産・出荷・在庫確報値(午後1時半)
決算=三菱UFJ<8306>、みずほFG<8411>、三住トラスト<8309>、三井住友<8316>、日本郵政<6178>、ゆうちょ<7182>、
かんぽ<7181>、第一生命<8750>、電通<4324>
10月の中国鉱工業生産▽小売売上高▽都市部固定資産投資(午前11時)
9月のユーロ圏鉱工業生産(午後7時)