おはようございます。
 昨日の東洋経済オンラインのコラムにも書きましたが、先週のNYダウは史上最高値更新のあと、すべての営業日で前日比100ドル以上の上げ下げとなり高値波乱の様相を示して来ました。今週は雇用統計の週です。事前の経済指標に神経質になるでしょう。引き続き大きな値動きになると思います。
 日本株も、日銀短観や6-7日の政策決定会合での期待や失望で振れが大きくなるとおもいます。しかし、ネガティブ面も指摘される円安ですが、円安下では株に売りが出て来ません。これは理屈ではなく事実です。従って、もし円安基調が変わったら大きな波乱になると思いますが、今のところ株は下げにくい状態が続いています。
 今日の株式市場は、7時現在109円30銭台で円安気味、このままでは株は下げない予想ですが、他に注目指標等の発表が無いので、為替を横目で見ながらの1日になると思います。予想レンジは16300円-16450円。
スポンサーサイト