おはようございます。
 29日のNY株。
 ダウは23.70ドル高の1万9121.60ドル、ナスダックは11.11ポイント高の5379.92ポイントと反発。NYSE出来高は9億2710万株。
 この日の予定の中では最も注目されていた7~9月期の実質GDP改定値は、年率換算で前期比3.2%増と速報値(2.9%増)から上方修正されました。市場では上方修正されるとは言われていましたが、予想の3.0%増を上回り、買い材料となりました。
 しかし、翌日のOPEC総会、2日の雇用統計、4日のイタリアの憲法改正国民投票の、3大イベントを控え上値は重い一日でした。
 OPEC総会は事前の事務レベル会合と言うべき専門家会議がまったくの平行線で不透明感を増し、原油先物は大幅反落しています。

 日本株。
 何時調整してもおかしくないところですが、売り物が出ると、日銀、GPIF、外国人投資家の強力三役が買うので、下がるに下げられません。マーケットを歪めているとの批判もありますが、マーケットと言うものはその時ときに色々な参加者が現れ、形が一定ではありません。今の条件は素直に受け入れるべきです。勿論、このトランプ相場もです。これが正に現実なのです。
 今日の予定
10月の鉱工業生産・出荷・在庫(午前8時50分)
10月の住宅着工▽建設受注(午後2時)
11月の為替介入実績(午後7時)
11月の独雇用統計(午後6時、労働局)
7~9月期のインドGDP(午後9時)
ドラギECB総裁講演(午後9時45分)
11月のADP全米雇用報告(午後10時15分)
11月のシカゴ景況指数(午後11時45分)
11月の米消費者景気信頼感(12月1日午前0時)
EIA週間原油在庫(12月1日午前0時半)
パウエルFRB理事講演(12月1日午前1時45分)
ベージュブック(12月1日午前4時)
OPEC定例総会(ウィーン)
7~9月期のブラジルGDP
 重要なイベント(指標)が目白押しです。特にアメリカの指標発表がやたら多いです。今のアメリカの勢いの中でもしネガティブサプライズな数字がでたら注意です。

 本日の日経平均予想レンジ 18300円―18400円。静かな月末を予測します。