おはようございます。
 週明けのNY株、ダウの引けは41.93ドル安の1万7071.22ドルと下げ渋ったが、香港やウクライナの地政学的リスク再燃で下げ幅は一時178ドルに達した。引けに戻ったのは、8月の個人消費支出やシカゴ連銀のエバンズ総裁発言等国内問題。NYは引き続き高値揉み合いか。
 日本株。円安に支えられて下げにくい状態ですが、裁定買い残が24億8697万株(25日現在)と高水準に積みあがっています。金額推定3兆7000億円で、現在の2兆円に満たないボリュームでは波乱の芽となります。市場はまた個別物色に戻ると思います。本日の予想レンジは16150円-16350円。
 本日中間決算末日ですが、3月末の14827円83銭を大きく上回っているので所謂ドレッシング買いは無いと思います。事情のある個別銘柄で若干あるかも知れませんが。
スポンサーサイト