おはようございます。
 6日のNY株。
 ダウは35.54ドル高の1万9251.78ドルと2日連続で史上最高値、ナスダックも24.11ポイント高の5333.00と反発。NYSE出来高は8億8524万株。
 トランプ関連銘柄の金融・建設が引き続き買われ、下値を支えました。
 原油価格が50ドルは維持しているものの、2%程売られていた為やや上値は重い展開でした。

 日本株。
 面白いニュースが飛び込んできました。昨日トランプ次期大統領とソフトバンクGの孫正義社長の会談があり、トランプ氏は会談後にツイッターで、孫社長を最大限に持ち上げています。あれ、日本に優しくありませんか?
 海外からの日本に対する評価が様変わりになっているのに、意外に日本人は分かっていない様で、株式市場は日本に来るとなんとなく警戒感が優先します。日経平均のチャートを見ますと、高値圏でのもみ合い(移動平均かい離率は調整)となっていますが、ここ5連続で陰線(寄り付きより引け値が安い)を引いています。個人投資家が3週連続で大量売り越しになっている様に、この相場に対して逆張り姿勢が今の日本の投資家の基本スタイルになっているようです。
 空売り筋が今大やられですが、年前半の利益を平準化しているに過ぎません。彼らが本当に震撼するのは来年からだと思っています。この相場に乗れない方は、次善の策として成長企業の勢いに乗る事をお勧めします。
 独立系ソフト開発の老舗3837アドソル日進はどうでしょうか。本年2月24日に東証2部に市場変更し、9月16日に最速で東証1部指定となりました。業績は2010年から6期連続の増収増益で、今期7期連続の予定です。10月1日に1対2の分割をし、実質増配しました。今期からの中期経営計画の中で、セキュリティーソリューションビジネスを強化する有力な協業が開始されています。8月17日、10月27日と2回の上方修正をしていますが、今期3度目の上方修正もありそうです。

 本日の日経平均予想レンジ 18350円―18500円。 6日連続陰線になるか、それとも。
 予定は
岩田日銀副総裁会見(午後2時半、長崎市)
10月の景気動向指数(午後2時)
11月末の全国銀行預金・貸出金(全銀協)
上場=イントラスト<7191>がマザーズ
EIA週間原油在庫(8日午前0時半)
10月の米消費者信用残高(8日午前5時、FRB)
インド中銀が金融政策発表
カナダ中銀が金融政策発表
AT&Tのタイム・ワーナー買収で米上院が公聴会

スポンサーサイト