おはようございます。
 今週は4日立会であり、事実上の年末週です。欧米投資家にとってはクリスマスが年末の様なものですから日本よりその感があるようです。特にロンドン市場では、23日(金)クリスマス前の半日立会、26日(月)、27日(火)クリスマスボクシングデー及び振替休場、30日(金)年度末半日立会と、今年の日並びは絶妙です。
 日本では、今日明日は日銀政策決定会合がありますが、無駄だと言われたイールドカーブコントロールがほぼうまく機能し予想外の円安になっているので、今は何もしないのが良策でしょう。テーパリング(緩和縮小)的発言がある可能性が無きにしも非ずですが、筆者が黒田総裁だったら「現状維持」だけを発言し、誤解されそうな事は一切言いません。

 本日の日経平均予想レンジ 19250円―19350円。 利益確定売りをこなしながらの揉み合いを予想します。

 予定は、
日銀政策委・金融政策決定会合(20日まで)
11月の貿易統計(午前8時50分、財務省)
実質輸出入動向(午後2時、日銀)
11月の半導体製造装置BBレシオ(午後4時、SEAJ)
上場=船場<6540>が東証2部、日本モーゲージサービス<7192>がジャスダック
11月の中国70都市住宅価格(午前10時半、国家統計局)
12月の独IFO景況感(午後6時)