おはようございます。
 週明け19日のNY株。
 ダウは39.65ドル高の1万9883.06ドル、ナスダックは20.28ポイント高の5457.44ポイントと反発。年末を控えて債券の売り持ちを解消する動きで債券が買われ金利が低下していますが、逆に高配当銘柄が買われるなど、トランプラリーはクリスマスの週に入っても堅調です。NYSE出来高は7億9468万株と低調ですが。
 注目のイエレンFRB議長の講演ですが、労働市場の力強さを強調し、景気先行きへの安心感を与える一般的なものでサプライズはありませんでした。

 日本株。
 昨日の日経平均は10日目にしてようやく前日比マイナスとなりましたが、日銀ETF買いに支えられて1桁の下げに終わっています。この様な年末に来ての日経平均の強さは、主力株を保有している個人投資家に思わぬ利益を与えています。結果、マイナスになっている非主力株を売って節税の損出しが見られます。安くなっている銘柄なのでクロスをして保有の持続をすればよいのですが、この際だから嫌な銘柄とはさよならしたいとなるのも心情で、動きの弱い銘柄はこの節税売りで更に弱くなる傾向です。なかなか出遅れ中小型株に資金がシフトしてきません。
 ただ、税金は受け渡しベースで計算されますので、売りが出るのは来週27日(火)までと言うことになります。実質今週まででしょう。年明けは、NY株で控えていた減税売りが出る事が心配されていますが、日本の中小型株は逆に需給が良くなりそうです。 個別株投資家はもう少しの辛抱です。
 日銀金融政策決定会合の結果が発表されます。政策変更は無く材料としては限定的ですが、逆に変なサプライズがあると株価は荒れますので要注意です。

 本日の日経平均予想レンジ 19300円ー19450円。
 予定
日銀政策委・金融政策決定会合最終日 黒田日銀総裁会見(午後3時半)
11月の粗鋼生産(午後2時、鉄連)
11月の主要コンビニ売上高(午後4時、フランチャイズチェーン協)
上場=リネットジャパングループ<3556>がマザーズ
科学衛星「ERG」(エルグ)を搭載したイプシロンロケット2号機打ち上げ(鹿児島県・内之浦宇宙空間観測所)
米レッドブック週間小売売上高(午後10時55分)
API週間原油在庫(21日午前6時半)

スポンサーサイト