30日のNY株。
 ダウは57.18ドル安の1万9762.60ドル、ナスダックは48.97ポイント安の5383.12ポイントと続落。NYSE出来高は8億0362万株。
 年間上昇率は、ダウが13.4%と13年(26.5%)以来の大きさ。ナスダックは7.5%。週明け1月2日は振替休場、3日から取引再開。今年は日本の正月休み中のリスクは軽微です。
 シカゴ景況指数は54.6と前月から低下し市場予想をも下回りました。
 ダウは、年内2万ドルは無いと判断されて3連続安となりましたが、19700ドル台は維持しており、強弱対立のまま年を越します。  来年はトランプ大統領の就任、前後する企業業績発表が注視されます。

 日本株。
 大納会日経平均終値は19114円37銭と昨年の大納会の19033円71銭を何とか上回り、前年比プラスとなりました。年足で5本連続陽線で、今年は下ひげを長く伸ばした手繰り線、チャートでは来年は大相場暗示です。新年は米国経済指標のラッシュから始まりますが、1月8日は北朝鮮金正恩委員長の誕生日です。祝賀式だけなら良いですが。十日えびすで戎天井もあるかも・・。「相場は懐疑の中で育つ」フフフ楽しみです。