おはようございます。
 2日のNY株は、ECB緩和策を失望(ドイツDAX2%の下げ)して売られた後、中小型株を中心に買い戻しが入り、ダウは3.66ドル安の1万6801.05ドル、ナスダック8.11ポイント高の4430.20。しかし、明日の雇用統計前のショートポジション解消の買いとも言われ底入れ感は出ていない。今後動向は雇用統計次第。
 昨日は日本の方が下げきつかった。下値抵抗線と思われた25日移動平均を簡単に割り、マイナスかい離は一気に1.41%に。下値のポイントは75日移動(本日推定15527円)あたりか。昨日も書いたが、流れが大きく変わる情勢は無い。上昇中の調整と考えれば、中小型株の下げきついが、NYダウマイナス、ナスダックプラスに見られるように買い戻される時も中小型株。値ごろ感出ている銘柄は買い増すところか。
今日の予想レンジ15530円-15650円。