おはようございます。
 12日のNY株。
 ダウは63.28ドル安の1万9891.00ドル、ナスダックも16.16ポイント安の5547.49ポイントと反落。ナスダックは8営業日ぶりの下げ。
 トランプ次期米大統領の記者会見の内容を嫌気した売り物で頭を押さえられた感じの市場ですが、ダウはまだ2万ドルに近い所にあり、ナスダックは史上最高値圏にいます。原油も反発して53ドルに戻っています。

 日本株。
 昨日の日経平均は予想外の円高をきっかけに一時300円の下げで、前から筆者が言っていた気くずれが起きました。アルゴリズム取引が支配する市場ですから、これからも何度もこの様な時があるでしょうが、その度に買い場になると思います、今回もオプションSQ最終日での波乱要因があったにもかかわらずこの程度の下げは相場の強さを物語っています。
 ただ、今回だけは様子見が良いと思います。昨日で25日移動平均を下回った事、チャートのネックラインが1万9000円にある事(割れると18500円の窓うめも)、今晩アメリカが3連休前の13日の金曜日で向こうも気くずれの心配がある事等の為です。
 ジョージソロスさんが売りで1100億円の損失を出して撤退したそうです。こういう時は買い方も調子に乗らず一休みが良いです。

本日の日経平均予想レンジ 19150円ー19300円。

予定は
オプション取引SQ算出日
12月のマネーストック(午前8時50分、日銀)
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
流動性供給入札(午前10時半、結果は午後0時45分、財務省)
生活意識に関するアンケート調査(午後1時半、日銀)
東京オートサロン2017(15日まで、千葉市・幕張メッセ)
12月と16年の企業倒産(午後2時半、商工リサーチ・帝国データ)
時事世論調査(午後3時)
皇居で歌会始の儀 お題は「野(の)」です。
12月と16年の中国貿易統計(税関総署)
12月の米小売売上高(午後10時半、商務省)
12月の米卸売物価(午後10時半、労働省)
11月の米企業在庫(14日午前0時、商務省)
1月のミシガン大消費者景況感指数(暫定値)(14日午前0時)
決算=ウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・アメリカ<8648>、JPモルガン・チェース

スポンサーサイト