おはようございます。
 週末20日のNY株。
 ダウは94.85ドル高の1万9827.25ドル、ナスダックは15.25ポイント高の5555.33ポイントと反発。注目のトランプ新大統領の就任演説の内容は予想通りのものでした。当然強いアメリカを作る内容そのものに売り要因はありませんが、その実現性や保護主義に対する不安はあります。それらを相場は織り込んで行くわけですが、「懐疑の中で相場は育つ」ことになるでしょうか。
 これから閣僚の国会承認手続きに入りますが、前日のムニューチン財務長官候補の承認公聴会は無事通過し、「長期的ドル高維持は重要」との発言でドル高を呼んでいました。この日はその反動もあって若干のドル安ですが、原油は再び53ドル台で昨年来高値圏に戻りつつあります。

 日本株。
 このところの利益確定売りに対する買戻しや中国GDPの数字を受けて3連騰ですが、まだ25日移動平均線は回復していません。
大統領就任式でかすんでいますが、国会が召集され、安倍首相の施政方針演説と共にアベノミクス後半戦が本格スタートしました。こちらも重要です。相場は最近アベノミクスには冷ややかですが、もちろん注目です。
9週連続売り越しの個人投資家、9週連続買い越しの外国人投資家はそれぞれ10週連続とはならず、わずかですが反転しました。どちらにしろ両者とも押し目は買う様です。
 昨日の水戸証券川口支店の講演会では、遠くからたくさんの方に来て頂きましてありがとうございました。今日は、大阪の講演会でこれから出かけますのでこれで失礼します。

 予定今週前半
【23日(月)】
11月の全産業活動指数(午後1時半、経産省)
11月の景気動向指数改定値(午後2時、内閣府)
12月の粗鋼生産(午後2時、鉄連)
【24日(火)】
20日現在の日銀営業毎旬報告(午前10時)
20日現在の日銀保有国債銘柄別残高▽国庫短期証券銘柄別買い入れ額(午後5時)
◆自衛隊の部隊運用で使用する独自のXバンド通信衛星「きらめき2号」をH2Aロケットで打ち上げ(鹿児島県・種子島宇宙センター)
1月のユーロ圏PMI(午後6時、英マークイット)
12月の米中古住宅販売(25日午前0時、NAR)
API週間原油在庫(25日午前6時半)
12月の北米半導体製造装置メーカーBBレシオ(25日午前8時、SEMI)
【25日(水)】
12月と16年の貿易統計(午前8時50分、財務省)
1月の独IFO景況感(午後6時)

スポンサーサイト